間伐のメリットって?植物を効率よく育てるために必要なこと

主伐と間伐の違い

主伐

主伐は木材を確保するためだけに行なわれる作業になります。建築で使う木材を確保する場合に行なわれることが多いですね。

間伐

間伐は森林保育を目的として行なわれる作業になっています。間引きという作業で切り倒された木々は肥料や日用品に使用されるケースがほとんどです。

間伐材を使った肥料

間伐で間引きした木々を使った肥料は栄養満点で植物や果樹の成長を助けます。特に野菜の育成に使用することで、病害菌に対して免疫や抵抗力がつくのです。環境に優しい素材なので積極的に利用していきましょう。

間伐のメリットって?植物を効率よく育てるために必要なこと

木

森や山で行なわれる

間伐とは、森や山で隙間なく生えている木々に間隔を与えるために間引きすることを意味しています。今まで過密に生い茂っていた木々に間隔が生まれることによって、日の光が差し込み他の植物もしっかりと成長するようになるのです。

間引きされた木々

間引きされた木々は無駄にせず、様々なものに利用されています。例えば、トイレットペーパーやティッシュなどの日用品に使われることも多いです。またガーデニングで使われる堆肥として利用されることもあり、天然の肥料になるので果物や野菜の育成にかなり効果的とされています。

間伐を行なう業者がいるワケ

間伐は専用の機材や木に対する知識がなければ難しいとされています。やみくもに切ればいいというわけでもなく、切った木が何年経てば元に戻るのかも計算して切る必要があるのです。このような計算が出来てこそ行なえる作業となっています。

知識が豊富な業者を利用することで

間伐の技術が高い専門業者を利用することによって環境を守ることにも繋がります。また間引きをされた木々もきちんとした目的で利用されるようになるため、ガーデニングなどにも役立てることが出来るのです。

広告募集中